● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
天乞(1)
天乞(1) (JUGEMレビュー »)
「謎の世界で兄が見たのは散乱する妹の死体だった−」と衝撃的なコメントが帯に書いてあって思わず買いました
絵は好み分かれそうですが、ノスタルジックの中に、先の気になる展開が魅力です
●お気に入り
よつばと!  9 (電撃コミックス)
よつばと! 9 (電撃コミックス) (JUGEMレビュー »)
あずま きよひこ
日本語怪しいよつばちゃんが可愛い

電車内で読むと吹き出してしまうので要注意です☆
●お気に入り
宝島社文庫「そのケータイはXX(エクスクロス)で」
宝島社文庫「そのケータイはXX(エクスクロス)で」 (JUGEMレビュー »)
上甲 宣之
誰を信じれば良いのか、読んでいるこっちまで緊張の連続です
人間不信に陥ってもおかしくないです
●お気に入り
アクセス
アクセス (JUGEMレビュー »)
誉田 哲也
ホラー小説でありながら家族愛を感じたり、世界観には共感を覚えたりする部分もあります
ホラーが苦手な人にもお勧めです
●お気に入り
THE CHAT
THE CHAT (JUGEMレビュー »)
椙本 孝思
今ではすっかり身近になったチャットを題材に、最後まで犯人のわからない緊張感
Ver.2.1から読んでもいいと筆者はいいと言ってますがやっぱり1からの方が面白いです
●お気に入り
コールドゲーム
コールドゲーム (JUGEMレビュー »)
荻原 浩
驚きのラストと、サスペンスながらも、読み終えた後に考えされられる作品です
●リンク
XBOX 360
プロ野球一球速報
Zorg
円卓の生徒
円卓の生徒応援バナー
YakultSwallows
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

06
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
| 1 / 59 pages | >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
2010年、最高の1枚っ
JUGEMテーマ:レビュー記事!

 
2010年に購入した新品CDの中で最高だと思った1枚をチョイス!

まず、2010年に購入した新品CDは以下の通りです

A Day To Remember[What Separates Me from You](2010)
QUIETDRIVE[QUIETDRIVE](2010)
MyChemicalRomance[Danger Days: the True Lives of the Fabulous Killjoys](2010)
valencia[Dancing With a Ghost](2010)
Honor Bright[Action!Drama!Suspense!](2010)
Thirty Seconds To Mars[This Is War](2009)
WeAreTheInCrowd[Guaranteed to Disagree](2010)
The Summer Obsession[Believe Nothing Explore Everything](2010)
FIRST SIGNAL (feat. HARRY HESS)[FIRST SIGNAL](2010)
Goo Goo Dolls[Something for the Rest of Us](2010)
MELEE[THE MASQUERADE](2010)
Haste The Day[Dreamer](2008)
CALLAHAN[Face The Day](2009)
Just Surrender[Phoenix](2010)
Secret & Whisper[Teenage Fantasy](2010)
Jamie's Elsewhere[They Said a Storm Was Coming](2010)
Four Year Strong[Enemy of the World](2010)
Early To Bed[The Phantomime](2010)
vanilla Sky[FRAGILE](2010)
Bullet For My Valentine[Fever](2010)
BON JOVI[The Circle](2009)
Permanent me[After the Room Clears](2007)
Elliot Minor[Solaris](2009)
Kids In Glass Houses[Dirt](2010)
YOUR HERO[CHRONICLES OF A REAL WORLD](2008)
Motion City Soundtrack[My Dinosaur Life](2010)
All Time Low[Nothing Personal](2009)
A Day To Remember[Old Record](2008)
Lostprophets[Betrayed](2010)
Haste The Day[Pressure the Hinges](2007)
Rush of Fools[Wonder of the World](2008)


New Strike Zipper[All Is Not Lost](2009)
Abingdon Boys School[ABINGDON ROAD](2010)

Girls Dead Monster[Keep The Beats!](2010)
放課後ティータイム[TVアニメ「けいおん! ! 」劇中歌集 放課後ティータイム II(初回限定盤)](2010)

洋楽が31枚、邦楽が4枚(アニソン系2枚含)で計35枚でした!!
※カッコ内の数字は発売された年

この中から2010年に発売されたCDのみに絞ると、23枚が対象なので
その中から1枚を選びます。。。




さて、2010年最高の1枚は。。。


Kids In Glass Houses[Dirt]

理由としては、まず全体の流れが良かったこと
そして、スクリーモではないのに、そのスレスレの部分でのVoの荒々しさがカッコ良かった
スクリーモっぽく聴こえない理由として、ヘヴィな音ではなく、ドライな音づくりに徹していたことが
真新しさを感じさせたのではないかな、と思います

ほんと素晴らしいアルバムです!!

他にも候補としては、
WeAreTheInCrowd[Guaranteed to Disagree]
EPながら全曲捨て曲なしの最高に質の高い音楽を聴かせてくれました

MELEE[THE MASQUERADE]
大ヒット作の次の作品だったので心配しましたが、今回も素晴らしい作品でした

Girls Dead Monster[Keep The Beats!]
アニソンではありますが、ロックな曲が洋楽好きにもハマるのではないかと思います

Musc14:04comments(0)trackbacks(1)
tape
A Day To Remember[What Separates Me from You](2010)
Victory Records
(2010-11-16)
【ディスク1】
  1. Sticks & Bricks
  2. All I Want
  3. It's All Complicated
  4. This Is The House That Doubt Built
  5. 2nd Sucks
  6. Better Off This Way
  7. All Signs Point To Lauderdale
  8. You Be Tails, I'll Be Sonic
  9. Out Of Time
  10. If I Leave

JUGEMテーマ:レビュー記事!
 
日本でのライヴもあり、知名度は高めのスクリーモバンド、デイトゥリメンバーの4thアルバム

自分が彼らを知ったのは前作ですが、その流れを組むスクリーモらしいスクリーモを聴かせてくれます
多種多様化している音楽ジャンルの中で、スクリーモというのが確立された今、
スクリーモバンドの代表格といってもいい彼らはFour Year Strongとかと同様にそのシーンを引っ張ってくれてます
前編デスボイスでは聴いていて疲れてしまいますが、
サビ部分でクリーンボイスで、ツボのメロディを歌いあげてくれる、
その瞬間にカッコいいと思えるわけですw

そのバンドを知るきっかけとなったアルバムを超えることはなかなか難しいですが
これまた個人的には前作よりは劣る作品だったかな、と。。。
もしかするとこっちを先に聴いて、前作を後に聴けばこっちが最高ってなるかもしれませんが
こっちが劣っているというよりかは前作が素晴らしすぎたのかもしれません

というわけで2010年のCDレビューは終了っ
Musc14:09comments(0)trackbacks(0)
tape
QUIETDRIVE[QUIETDRIVE](2010)
JUGEMテーマ:レビュー記事!
 
日本でも知名度の高い、エモバンド、クワイエットドライヴの3rd(ミニアルバム除く)

今作も彼ららしい曲が満載で、エモってます!!
ファンなら間違いなく買いだと思いますし、エモファンなら是非聴いてみるべきですね

ただ、アルバムを代表する,浪甬遒痢▲▲襯丱狢緝酋覆犯罎戮襪箸舛腓辰伴紊いな、というイメージ
どれが相応しいか、とかは思いませんが、全体通して何度も聴いてみると
新しい発見があったり、ひたってしまう曲があるので、それを感じてほしいです

前作からの楽曲┐リテイクされて入っていたりする理由もよくわかりませんが
全体に「歌」をとても大事にしていて、
演奏面でとくに注目すべき点はありませんが、編曲はその歌メロディを十分に引き出すように作られているし、
ボーカルも哀愁たっぷりのその歌声は誰もが惹かれると思います

ライヴで見てみたいバンドの1つですね!
Musc14:02comments(0)trackbacks(0)
tape
MyChemicalRomance[Danger Days: the True Lives of the Fabulous Killjoys](2010)
JUGEMテーマ:レビュー記事!
 
説明不要のモンスターバンド、マイケミカルロマンスの3rdアルバム

個人的には前作の衝撃が凄まじく、新作はそれ以上になることはないと思ってたので
そういう意味ではそうなりましたw
1stから今作までの作風は一貫性はあるものの、雰囲気は作品ごとに違うのでそこは当然好みがあると思います
今作は結構明るめな曲が多いので、広くうけそうな気がします
何故か、日本語がフューチャーされた曲もあり、日本人ウケは良さそう?w

楽曲毎のクオリティは高いので、どこを切り取っても良いです
前作はどちらかというとコンセプトアルバムなので、1枚通しての評価をしてしまいます
また個人がコンセプトアルバムが好きというのもあるので。。。

ただ何度か聴いてみてインパクトがあって、ずっと残る曲が少ないかな、というのが印象です
確かに「NA NA NA」とかは面白いし、勢いがあるとは思うのですが
メロディがやや単調だったり。。。
決して悪い作品ではありませんが、マイケミに求めてるものはもっと高いのかもしれません
Musc13:54comments(0)trackbacks(0)
tape
ガンダム無双3(XBOX360)
バンダイナムコゲームス
(2010-12-16)

JUGEMテーマ:レビュー記事!
 
前作から何気に2年も経過してたんですね!
KOEI直系の三国、戦国の無双シリーズは箱○でリリースされないのは残念ですが
ガンダム無双は今回も発売してくれました♪

さて、毎度のことながら、無双といえば
簡単操作で爽快に敵をばったばった倒していく、というシンプルなゲーム性が売り
逆にいえば、戦略性に乏しく、ある意味、この単純な繰り返しに飽きてしまう人がいるのもまた事実
自分自身もやってる最中に、そんな思いに駆られてしまいますが
毎回購入しているのですよねw
ガンダムが出てればなんでもいーのかw

さて、前作との変更点、一番はやっぱりオンラインモードでしょうか!
フレンドとかとcoop出来るので、やっぱり楽しいですね
ミッション数はそんなに多くないのですが、これから増えていけばいいなぁ、と希望的観測

操作性とかはほとんど変わってないのでこれまでの無双シリーズ体験者なら
説明書は今回も不要ですw

新しく加わった、ボタン1つで援護してくれるパートナーストライクも、そこまで
重要度はないので、使わずにクリアするのも可能です
それよりも地味なエマージェンシーダッシュは結構多用します
瀕死の状況で遠くに逃れるには結構大事なので

後、誘爆はかなり爽快なのとうまく使えば撃破数を結構稼げます
グラフィックもアニメ調になりましたが、違和感なく溶け込んでると個人的には思います

Gam13:26comments(0)trackbacks(1)
tape
Girls Dead Monster[Keep The Beats!](2010)
SMD
(2010-06-30)
【ディスク1】
  1. Crow Song (Yui ver.)
  2. Thousand Enemies
  3. Shine Days
  4. 23:50
  5. Run With Wolves
  6. Morning Dreamer
  7. Rain Song
  8. Alchemy (Yui ver.)
  9. 一番の宝物 (Yui ver.)
  10. Little Braver (Album ver.)
  11. My Song (Yui ver.)
  12. My Soul, Your Beats! (Gldemo ver.)
  13. Brave Song (Gldemo ver.)

JUGEMテーマ:レビュー記事!
 
人気アニメ、Angel Beats!に登場したバンド、
Girls Dead Monster(通称、ガルデモ)のオリジナルアルバム
劇中でボーカル交代があり、Yuiというキャラがボーカルになった方のアルバムです

ものすごく歌がうまいという感じではありませんが
どこか哀愁漂っていて、劇中のシーンを思い出してしまいます
少し古臭い感じのするメロディとバンドサウンド、
それでいてアニソンの雰囲気も十分にあるので幅広くうけそうな気がします

ほんとはレンタルしようと思ってたのですが、何故か
レンタル禁止になってるらしく、どーしてもほしかったので買ってしまいましたw

やっぱり1曲目のCrow Songが印象に残りますが
Angel Beats!のOP、ED曲のガルデモバージョンがボーナストラックとして
入っており、これまた素晴らしい出来となってます
Musc09:27comments(0)trackbacks(1)
tape
放課後ティータイム[TVアニメ「けいおん! ! 」劇中歌集 放課後ティータイム II(初回限定盤)](2010)
ポニーキャニオン
(2010-10-27)
【ディスク1】
  1. いちごパフェが止まらない
  2. ぴゅあぴゅあはーと
  3. Honey sweet tea time
  4. 五月雨20ラブ
  5. ごはんはおかず
  6. ときめきシュガー
  7. 冬の日
  8. U&I
  9. 天使にふれたよ!
  10. Interlude
  11. 放課後ティータイム
【ディスク2】
  1. Introduction (#23『放課後!』Mix)
  2. ふわふわ時間 (#23『放課後!』Mix)
  3. カレーのちライス (#23『放課後!』Mix)
  4. わたしの恋はホッチキス (#23『放課後!』Mix)
  5. ふでペン ~ボールペン~ (#23『放課後!』Mix)
  6. ぴゅあぴゅあはーと (#23『放課後!』Mix)
  7. いちごパフェが止まらない (#23『放課後!』Mix)
  8. Honey sweet tea time (#23『放課後!』Mix)
  9. ときめきシュガー (#23『放課後!』Mix)
  10. 冬の日 (#23『放課後!』Mix)
  11. 五月雨20ラブ (#23『放課後!』Mix)
  12. ごはんはおかず (#23『放課後!』Mix)
  13. U&I (#23『放課後!』Mix)
【ディスク3】
  1. ふわふわ時間 (#23『放課後!』Mix) (モノラル)
  2. カレーのちライス (#23『放課後!』Mix) (モノラル)
  3. わたしの恋はホッチキス (#23『放課後!』Mix) (モノラル)
  4. ふでペン ~ボールペン~ (#23『放課後!』Mix) (モノラル)
  5. ぴゅあぴゅあはーと (#23『放課後!』Mix) (モノラル)
  6. いちごパフェが止まらない (#23『放課後!』Mix) (モノラル)
【ディスク4】
  1. Honey sweet tea time (#23『放課後!』Mix) (モノラル)
  2. ときめきシュガー (#23『放課後!』Mix) (モノラル)
  3. 冬の日 (#23『放課後!』Mix) (モノラル)
  4. 五月雨20ラブ (#23『放課後!』Mix) (モノラル)
  5. ごはんはおかず (#23『放課後!』Mix) (モノラル)
  6. U&I (#23『放課後!』Mix) (モノラル)

JUGEMテーマ:レビュー記事!
 
超人気アニメ、けいおん!から放課後ティータイムの初のオリジナルアルバムです
初回盤はパッケージが少し豪華なのと、Disk2がカセットテープとなって付属してます

カセットは聴くことはないと思いますが、初回盤が予約できたので買ってしまった感じですw

さて、既に発売した曲と新曲もプラスされて、
更には実際に録音した時のような雰囲気が満載なDisk2と、ボリューム満点ですが
個人的には世界観がよく出ているDisk2が好みです
アニメのシーンでこの収録シーンがあり、その時に録られたもの、という粋な設定

曲間にはメンバーの雑談みたいなのも入っており、
一番最後まで聴くとどこか切なさも感じさせます
そして演奏も良い意味で雑な感じになっているのも面白いです

1曲ずつのクオリティも高いし、アニソンって感じは満載ではありますが
バンドを始めたい、という人にもそこまで難しい曲はないのでいいかもしれません
Musc23:32comments(0)trackbacks(1)
tape
一番くじ
JUGEMテーマ:フィギュア

先日の、けいおん!の一番くじは凄まじい勢いで売れていましたね〜
てっきり、ローソンでの発売のみかと思った自分は0時にコンビニに走るも売ってないっていう事実をつきつけられw

普通に一番くじを扱ってる店での展開だったわけですなw

個人的にはきゅんキャラには興味がないので
そんなに購買意欲は掻き立てられなかったんですが、
ヨドバシで買えたので2回ひいてみましたw

結果はH賞のストラップ。。。
まぁ、人生そんなもんよね、と言いながらw
でも、相変わらず唯への想いは引きは強いらしく、唯を引き当てましたぜ♪
ちなみにもう1つはさわこ先生

それから、今日、仕事帰りにヨドバシ寄ったらハルヒの一番くじが売り切れてなかったから
こちらも2回引いてみました

F賞のストラップとG賞のきゅんキャラでした
ストラップは選べたので、すかさずハルヒを選択、きゅんキャラは浴衣の長門でした〜

1回800円はやっぱりキツいですわねw


Hoby12:54comments(0)trackbacks(984)
tape
valencia[Dancing With a Ghost](2010)
JUGEMテーマ:レビュー記事!
 
来日も何度かしているので、割と知名度は高いと思うバレンシアの3rdアルバム
Hit The LightsEvery Avenueと共にツアーをしていたりしていることから
音的にはそこまで激しくない聴きやすいロックバンドです

1stが一番ロック色が強かったとように思います
そしてこの3rdではよりバレンシア色が出ているように思います
好きか嫌いは個人の判断にゆだねられる部分ではあるものの、
過去2作はどちらかというと個性がそこまで強くなかった分、
今回の音はとてもバレンシアっぽい曲が多いです

激しい曲は減ったように思いますが、面白いアプローチを取っていたりします
1曲ごとのクオリティは低くはないので、聴きやすいロックを探している方にはオススメですね
Musc11:32comments(0)trackbacks(0)
tape
Honor Bright[Action!Drama!Suspense!](2010)
JUGEMテーマ:レビュー記事!
 
Beyond [The]Blue splitのVol.2にも収録されたので知ってる方もいるかもしれない
オナー・ブライトのおそらく1stフルアルバム
日本ではHELLO CONTROLとsplit盤がリリースされているのみかと思います

メロディ的にはA Day To RememberFour Year Strong系の
メロディアスながらハードな演奏が全面に出ている感じです
前述のバンドの存在が大きいので、とても個性的という感じは受けませんが、
彼らが好きならきっと気にいると思います

楽曲的にはsplitの方がいいかもしれません
ライヴとかで聴くとモッシュ必至なんで、テンション上げたい時には良い1枚かもしれませんw
Musc11:27comments(0)trackbacks(0)